企業情報

会長・社長メッセージ

私たちは単に
お葬式をするだけの会社ではありません。
人生の最期を感謝で締めくくる社会を
創造する使命をもっています。

代表取締役会長松岡 正泰

よいお葬式とは、どのようなものでしょうか?
そもそも、お葬式は本当に必要なものでしょうか?

私たちメモリアホールディングス(前身のメモリア)は2000年7月7日に開業しました。そのときからずっと追い求めているのが、冒頭に記載した疑問です。この問いこそが私たちの原点であり、存在意義そのものでもあります。

この疑問と創業のきっかけとなったのは、実際に体験した伯父の葬儀でした。
まだ若かった伯父でしたが、地元や職場など多くの方から感謝の言葉でおくられる姿を見て、悲しみの最中ではありましたがお葬式でしか気づくことのできないものがあることを知りました。

人生の最期は「ありがとう」の一言で締めくくりたい。そういうお葬式を広めたい。なぜか使命感にも似た感覚を得たのを今でも覚えています。
「ありがとう、感謝でおくるお葬式」私たちのこのテーマは、その時に生まれ今でも追い求めているものでもあります。

私たちは単にお葬式をするだけの会社ではありません。人生の最期を感謝で締めくくる社会を創造する使命をもっています。
この使命を実現することで、地域の皆様やそのご家族のこころ豊かな人生を応援でき、さらに従業員が仕事を通じて感謝をかたちにすることで、仕事で一番大切なやりがいを生み出していることを実感しています。

私たち葬儀社は葬儀をすることが仕事ではなく、「ありがとう」を広めることが仕事なのです。それが、地域社会やご協力いただく関連会社様に貢献することでもあると信じています。

私たちメモリアホールディングスは、そのために存在します。

代表取締役会長松岡 正泰

葬儀業界を変え、
最大高齢化率となる日本に
安全で安心なシニアライフを
提供いたします。

取締役社長古小路 勝利

私たちメモリアホールディングスは、命の誕生を喜び、命の成長に愛情を注ぎ、命の繋がりであるご縁を大切にし、命の最後を最大の感謝でおくる尊き社会を創造するため、葬儀業界を変え、最大高齢化率となる日本に安全で安心なシニアライフを提供いたします。

これまで、国内外において、さまざまな経営(建設事業、海外ホテル事業、海外金生産事業、ハウスウェディング事業、人材派遣業、起業家支援など)に携わらせて頂きましたが、最後に辿り着いたのがこの葬儀業です。

葬儀業とは、何か?
それは、尊い一つの命の最後に、その尊い人生を感謝でおくれるように、最期の時・空間を創り出し、残された方々の人生を豊かにする、人生を変えることの出来る尊く誇り高き職業であると私は心から信じています。
これまで、多くの職種を経験したからこそ、そう断言できるのかもしれません。

こんな尊い大切な仕事だからこそ、私たちは、従業員、パート・アルバイト、全ての仲間が成長できるように、時間をかけて丁寧な人創りのために愛情を注ぎ続けます。

尊い一つの命の最期、最後の親孝行、そして、決してやり直しの出来ない人生でたった一度のお葬式。

この時・この空間が、感謝で満ち溢れた時間と空間になるよう、お客様が決して後悔されないように、私たちは、最大限の集中力と思いやりと愛情を込めて、「 感謝でおくるお葬式 」を提供させて戴いております。

こんな想いを日本中に広げること。
まずはここから、メモリアホールディングスの社会使命である人生の最期を感謝で締めくくる社会を創造し、シニアライフ事業創生への挑戦が始まります。

取締役社長古小路 勝利